島の魅力をもっと知りたい方へ

海中

オプションをつけてさらに充実

ただ潜るだけではもったいない!という人は、さらに楽しくなるオプションをつけられますよ。詳しく説明しているので検討してみてくださいね。

READ MORE
船

皆が必ず行く人気スポット

与論島に行く計画をしている人はぜひ見てください。旅行中に行っておきたい場所を包み隠さず公開しています。ツアー選びの助けにもなるでしょう。

READ MORE
ダイビング

活躍するアイテム

青の洞窟で活躍するアイテムをまとめてみました。あると便利なものなのでチェックしてみましょう。忘れものがないかチェックする時にも活用できます。

READ MORE
女性

選ぶ際の比較ポイント

ツアーと言っても数がありすぎて何を基準に選べばいいかわからないという人はいませんか?比較ポイントを紹介しているのでご覧ください。

READ MORE

毎年大勢の観光客が訪れる

南の島と言えば沖縄。シーズン中は人気スポットも賑わいを見せています。また沖縄のすぐ近くには与論島があり、こちらも多くの人が足を運んでいます。人気ツアーも続々と登場しており、予約も殺到する予感です。

観光客が大勢来る理由ランキング

no.1

南の島独特の雰囲気が味わえる

他にはない沖縄や与論島ならではの独特な雰囲気が味わえる点は、観光客を多く呼び寄せる理由の一つ。特に赤瓦屋根の古い家やヤシの木は「沖縄に来たぞ」と思わせくれます。また与論島は、おしゃれなリゾート地という感じで、外国人観光客からも非常に人気があります。

no.2

料理がおいしい

沖縄や与論島で取れたもずくを始め、そばや天ぷらなど舌を唸らせる郷土料理が盛りだくさん。他では食べられない島特有の味を食堂や居酒屋で堪能しようと、観光客がひっきりなしにやってきます。

no.3

貴重な体験ができる

与論島なら焼き物、沖縄は琉球ガラスが人気ですね。どちらもツアーで取り入れられるくらい人気が高い体験コースです。自宅用やお土産、旅の思い出など色々な目的で参加されています。

no.4

島の人が大好きなお酒が飲める

小さい島で作られたお酒は、さっぱりした味わいで外国人や他の県からやってきた観光客を喜ばせています。島でとれた新鮮な魚や野菜でもっとお酒が進みますよ。実際、お酒を目当てにツアーへ参加する人もいるので需要がとても高いです。

no.5

ダイビングができるスポットが多い

透き通るような美しい海に一度は潜ってみたいと思う方も多いはず。沖縄の有名観光スポット、青の洞窟やマリンスポーツが楽しめる与論島ではシュノーケリングで色とりどりの魚と戯れることができます。

ツアー選びのポイント

目的を決めよう

夏休みなどといった長期休暇に突入すると、沖縄や与論島のツアーが沢山出てきます。そのため、何を目的に訪れるのか決めないとグダグダになってしまいます。例えば、沖縄や与論島の歴史を辿るなら、内容に特化したツアーを選び、子連れならワクワク体験ができるツアーにするなど、周囲の意見にも耳を傾ける必要があります。

行き方を決める

沖縄と与論島は非常に近い位置にあるので、フェリーを使えばすぐです。他の県から出発する場合は、飛行機が主になるでしょう。ツアーによっては、飛行機とフェリーがセットになったものもあり、若干安くなります。窓口で申し込みする際には、担当者と相談をしましょう。ちなみにフェリーだとイルカやクジラに出会えるチャンスがあります。

オプションをチェックする

近年は格安を謳うツアーが非常に多いですが、朝食や夕食が付いていないこともあります。また、充実したツアー内容だとレンタルバイクやレンタカー、ダイビング体験の割引券などがもれなくついてきます。値段を取るか、中身を取るかツアーを予約する前に決めておきましょう。

立地条件は非常に大切

沖縄や与論島にはホテルがあちこちに建っていますが、島の奥側だと交通網が発達していないため、レンタカーがないと不便です。また、沖縄の那覇市内に泊まるのであればモノレールからほど近い場所にホテルを取ることも検討しましょう。

フライト時間の見直しをする

基本フライトの場合出発は午後から、帰りは朝一からなのでツアー料金も安くなりますが、割増フライトだと時間帯によっては人気が集中するため、必然的に料金が上がってしまいます。申し込みをする時は、フライト内容をチェックしましょう。

予約する最適なタイミング

ダイバー

繁忙期を避ける

7月から8月にかけては学生が長期休暇に入るため、非常に混み合います。また、殆どのツアーも満員状態でしょう。遅くても1ヶ月以上前には予約しておくべきですが、シーズンを過ぎても青の洞窟でダイビングを楽しめますし、与論島なら海以外でも十分満喫できる場所があるので時期を逃しても何ら問題はありません。

いつから予約できるのか?

ツアーの場合だと、早くて半年前から予約することが可能です。一方で、前日から申し込みができる旅行会社だと予約開始はもう少し遅めになります。数ヶ月前に予約をしておくことで、ツアー料金を安く抑えられるというメリットもありますから、早いに越したことはありません。

広告募集中